音楽と海と空と夏と赤ワインと塩辛が大好き。夢は沖縄移住。


by getride_summer
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

お茶

f0095132_1154444.jpg
上海の朝。ガイドさんに連れられて、おいしい定食屋に行く。
 観光地ではなくほんとの町中のめし屋って感じで、汚いけれどめちゃめちゃ美味しい。
1人前がどんぶり茶碗1杯くらいの大きさで、たっぷり入ってくる。それに揚げパンをひたしたり、でかい小龍包(小楊生煎/シャオヤンシェンジェン。小ぶりの包子を鉄板で焼いてカリっとさせ、肉汁が詰まったももをハフハフしながら食べる)をつまんだりして食べまくる。うーん。美味。
 ガイドさんに「残しても全然構わないんですよ。循環がちゃんと出来ていて。豚の餌になるんです。だから、こちらの豚はとても美味しいんです」うーむ。そうなのかあ。ケンタッキーがたくさんあったけどそれも美味しいのかな。などと友達と話す。
 その後、お茶街へ。市場を通り抜けて行くのだけど、それこそ豚の頭やらでかい魚やら色々な店がごちゃごちゃとあって、何だかその向こうに見える高層ビルとのコントラストが不思議な感じだった。ボロボロに崩れかかったレンガの家もたくさんあり、地震の後かと思うばかりの町並みに唖然としていると、またもやガイドさん曰く、「この辺りは都市開発前の土地なので、ああやって貧乏そうに見えるおばちゃんも、実際はあちらの高層ビルに引っ越しを控えているような、お金のある人も多いんですよ」とのこと。
 お茶屋さんがズラ〜と並ぶ中、ガイドさんが仲良しなお店に行くと、まだ朝の9時頃だというのに、皆がせっせと仕事をしていた。
 私が買ったのはお湯に入れると花が開くジャスミン茶。東京で買うとけっこうするけどとても可愛くで美味しい。飲み比べをしろと次ぎから次へと新しい葉を透明なコップに入れてはニコニコしている。日本茶と違って何杯もお湯を注ぎ足すことによってたくさん飲めるし、味もどんどん変わってくる。自分は普段からお茶は大好きだから、ガンガン飲んでいたけど、友達は途中でちょっと飽きてきたようでした。
[PR]
by getride_summer | 2006-03-02 09:15 |