音楽と海と空と夏と赤ワインと塩辛が大好き。夢は沖縄移住。


by getride_summer
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

音楽人

f0095132_21183350.jpg
「僕はね、一生『音楽人でありたいんですよ』とは、のちに登場します、魚くんの言葉。発表会に出たくないからと言って中学でピアノ教室をトンズラした私には言えない言葉ですが、人生を演奏家として誇りを持って歩いて行ける人だと私は思います。それは人からの評価が基準では決してなくて、自分のこれまでとこれからへの意志が感じられる言葉だと思うから。

OVERGROUND ACOUSTIC UNDERGROUND
という長ったらしいユニット名をつけたバンドを、BRAHMANのメンバー+2人が作りました。
今日は初のツアーの最終日。@九段会館。
傾斜の凄い会場は3階席ではかなり観にくかったけれど、とてもあたたかな、いいライブでした。
このバンドが公でやる初のライブも幸運にも観る事が出来、その時既に出来上がっている世界観が凄くて、「BRAHMANの4人は、すごくいい場所を見つけたなあ。これで、音楽人として、かなりパワーアップするなー楽しみだなー」と思いました。
ギリギリの緊張感で観る者を圧倒するライブをみせてくれるBRAHMAN。
一方で、吐き出すだけでなく、引いた視点で音や歌を静かに伝える術を持つ事で、もっと
表現の幅が広がるのに、とずっと思っていました。
バンドマンとしても、きっと人としても、彼らはそんなに器用ではないから、BRAHMANでしかできないことは、120%の力を振り絞って、やりきる。
でも、このOAUという対極のアコースティックを基本とした活動の家ができたことで、より自由に、人前で音楽を楽しめるようになってる。
この日のライブを観ていても、その自然体の演奏や緩い表情は和やかで、しかし、エキサイトすると前へ前へ向かっていくその姿勢はどちらのバンドでも変わらない彼らが居て、OAUが『バンド』としての機能をしっかり築いていこうとしているのがよくわかり、増々楽しみになりました。
何と言っても、2人の新しいメンバーの存在が、凄くいい影響を与えてますよ。
ものすごく、お互いがプラスになってます。
新しい一歩を歩み出すのは大変だけど、楽しいのだなあ、と思いました。
[PR]
by getride_summer | 2006-09-28 21:18 | LIVE