音楽と海と空と夏と赤ワインと塩辛が大好き。夢は沖縄移住。


by getride_summer
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

バンドやろうぜ

f0095132_037342.jpg
昔から、人間らしいバンドが好きです。

大げさに言うなら、バンドなんて生ものなんだから、10回に1回くらい、
「うおおおおおおおーーー!今日のオマエらは最高だーーー!!!」
と、唸らせてもらえれば、それで十分かな、と思ってライブを観ています。(地方の人達にしてみればとんでもない話だと思いますが)

サザンやユーミンや陽水さんなんかは、10回のうち1回くらいあまり良くない日があるかな、って感じなんでしょうが、それはそれで完成度の高さはキャリアも関係することであって、20年(もっと?)選手の貫禄は観るものにエンターテインメントとしての楽しみを当たり外れなく与えてくれます。
でも、人間らしさって、嘘ついたり悩んだり失敗したりヘコんだりしながら強くなっていく中で見えてくるものであって、不完全な人間同士が集まって、あーだこーだ音楽を楽しんで一生懸命伝えようとしている感じが、『ライブ』なのではないかと思うわけです。

今日のELLEGARDENは、めちゃめちゃ人間くさくて、めちゃめちゃ男臭くて、真剣で、ピターっとステージと一体化していて、久々に「最高のライブ」を魅せてくれました。

インディーズ1st(もう6年位経ちますか…)からワンマン、イベントと散々ライブを見てきて、10回のうち9回くらいは、「ん??」と、思うのが、彼らです。
演奏がしっくりこない、リズムがズレてて気になる、細美くんが感情が先走りすぎでまとまりがない、セットリストに流れが感じずポツポツ切れるetc。勢いの中でこなすことはお手の物なんですが、彼らの場合、高橋くんを筆頭に、演奏が上手だからね、気になるわけですよ。

その点、今日は、気がついたら頭上で大きな拍手とアンコールをしてました。

セットリストも、その1曲に溢れる感情表現も、メンバー間の繋がりの強さを感じる開放的で容赦なくて未来を突っ走る演奏も、観客との一体感も、本当に、素晴らしい内容でした。

『モンスター』までの本編。
来週発売のNEWアルバムの曲をもっとやるかな?と思っていたのですが、新曲はアルバムの1曲目だという曲のみ。これがまた、リズムが変則的でズシンとくる秀作!
逆に新旧織り交ぜたセットリストは、今の時点のELLEGARDENの魅力を十二分に伝えるに相応しい選曲で、細美くんの毎度の熱い語りMCはなかったものの、その分曲から破裂する熱いエナジーがドッカンドッカン攻めてきて、2階最前列というスペシャルシートをこっそりGETして(ありがとう友よ♪)興奮していたものの、『MISSING』で会場が大揺れしたのにはマジ地震かと思って腰が引けました(笑)。

アンコール。
「どっちをやろうかなー?」という細美くんの問いに「両方!」という客席の歓声から、
どっちも演っちゃった、高速ビートの(高橋くんお疲れさま!)の『No.13』と『風の日』。
『Make a Wish』での大合唱。生くんゆういちくんもいい顔してた。

2度目のアンコール。
「呼ばれなくてもきっと出てきたよ」と
『月』。

ヨダレが出そうなほどカッコ良かったです(笑)。興奮覚めやらず。


今日のライブで、私、久々に、バンドやりたくなりました(笑)。
楽器できるって素晴らしい。
語学と同じくらい、大きなコミュニケーションツールだと思うし。
発表会に出たくなくてピアノのおケイコを部活を口実に脱走した私ですが、
人生の中で1度はステージから客席を観てみたいと思わされる、
そんなライブでした。


NEWアルバム、ほんっと、楽しみにしてます!
[PR]
by getride_summer | 2006-11-01 23:37 | LIVE