音楽と海と空と夏と赤ワインと塩辛が大好き。夢は沖縄移住。


by getride_summer
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

BRAHMAN

f0095132_8421567.jpg
久々のBRAHMAN。ガッツリなライブレポを久々に書きたいなあ、と意気込んで向かったものの、なかなかひどいライブでしたねみなさん。
エルレは10回に1回と書きましたが、彼らはまあ、9年越しの深く熱い愛を込めて
言いますが、30回に1回くらい素晴らしいライブが観れます。
でも、その瞬間が観たくて、ライブに通っているうちに、
これまでの人生で一番多く観ているライブは彼らになったのですが。

以下本日の模様。


オープニング。
いきなり新曲からスタート。
2曲目くらいまではまあまあいつも通り。

ライブ中盤。
「LAST WAR」から「FOR ONE'S LIFE」「BASIS」へ流れるメドレー状態。
これがカチッとハマると、もんの凄いパワーを放つ展開となり、
マジでステージからオーラが出ます。
ですが今日はダメダメ。

新曲2曲披露。
1曲目、特にこれ、ひどかった。
OVER GROUND ACOUSTIC UNDERGROUNDとリンク仕切れないのに
無理矢理ごちゃまぜにしたような曲。
リンクすることは可能で、違う側面から繋ぐことはこれからできると思うし、
逆にうまく繋がれば、それこそブラフの世界を大きく広げてくれると思う。
しかし、そうじゃないでしょこの曲は。
もしこれをシングルの1曲目とかにしてリリースすることがあったら、
彼らのA&Rを断固否定します、私。

後半。
「ARRIVAL TIME」から
再度「LAST WAR」。
これがまた、原型を停めていないアレンジで、
チャレンジ精神溢れたアレンジなんだけど、ちょっと聴くに耐えないでごわす。

すべての演奏に関して言えるのは、とにかく走りっぱなしで、
4人の音や向きがバラバラで、特にギターのKOHKIくんは、
ギターを弾けない私でさえダメ出ししたいくらいでした。
曲のいい所が消えてしまっているし、TOSHI-LOWくんは途中で投げ出したい
衝動に駆られてるし(たぶん)、なんつーか、愛がありすぎる故に、
久々にひどいのきたね、これ。と一人つっこみをしたい気分でした。

アンコール。
「PLASTIC SMILE」
「時の鐘」
「TONGFEER」


彼らの曲の中でベスト3を争う曲だと声を大にして言いたい
この「TONGFEER」。久々に聴けて嬉しかったのですが、
やっとここまで来て、40点くらいに回復。
だからやればできるんだって。

と、お客さんが思ったのか思わなかったのか(思っててほしいけど)
次のアンコールを待つ声。
まあ、今日はできないでしょ、と足早に席を立ってしまいましたが、
悔しいので早く次のライブが観たくなりました。
いつ観れるかなあ。

ブラフのファンは、想像以上に、BRAHMANのことを大事にしていると思います。
ダイブしながら歌いっぱなしの男の子達がたくさんいて、
蹴られても転がり落ちても、一緒に歌っています。
あんな歌いにくい曲なのに。

だから、ファンの子達が私はけっこう好きです。
たまに最高のライブを見せてくれると、気がつくと
思わず私も最前とかで暴れてしまうのは(笑)彼らと同化して
この曲を一緒に楽しみたい!という気持ちに駆られるからです。

そんなライブが、次はいつ観れるかなあ。
[PR]
by getride_summer | 2006-11-10 21:42 | LIVE