音楽と海と空と夏と赤ワインと塩辛が大好き。夢は沖縄移住。


by getride_summer
カレンダー

<   2007年 11月 ( 45 )   > この月の画像一覧

日も暮れて

f0095132_13135185.jpg

とても綺麗な、夏の夕方みたいな美しく広い空の下に直島の夕日が降り注ぐ。
[PR]
by getride_summer | 2007-11-07 19:13 |

港にて

f0095132_13103991.jpg

f0095132_13103982.jpg

帰りのフェリーを待ちながら、草間さんの「赤かぼちゃ」の中で思考を巡らす。

港に着くと、このかぼちゃがお出迎えです。
[PR]
by getride_summer | 2007-11-07 18:10 |

直島カフェ

f0095132_12352027.jpg

f0095132_12352045.jpg

玄米おにぎりが体をあたためてくれました。
[PR]
by getride_summer | 2007-11-07 17:35 |

家プロジェクト

f0095132_1383888.jpg

f0095132_1383814.jpg

f0095132_1383867.jpg

f0095132_1383927.jpg

上から
宮島達男「角屋」
ジャームズ・タレル(安藤忠雄設計)「南寺」
杉本博司「護王神社」
大竹伸朗「はいしゃ」

古い民家を使って繰り広げられる現代アートの作品達。

そのひとつひとつから立ち上るアーティストの息吹と想い。

感想はたくさんありすぎて書ききれません。
[PR]
by getride_summer | 2007-11-07 16:08 |

隠し撮り

f0095132_12363870.jpg

中庭「三角コート」
[PR]
by getride_summer | 2007-11-07 15:40 |

地中美術館

f0095132_12315026.jpg

f0095132_12315076.jpg


思い描いて早何年?
「地中美術館」やっと来れた。

モネの「睡蓮」の白い部屋に胸躍り、
ウォルター・デ・マリア室の質感や空間作りに惚れ惚れし、
ジャームズ・タレルの「オープン・フィールド」に、「アーティストって仕事はこんなにも人を感動させるんだ!!!」と絶句する。

タレルは金沢でも「オープン・スカイ」を体感していたけど、ここでの彼の作品は、「ここでしか表現できないもの」を日本の四季に合わせて、直島の景色に合わせて、表現している。

自然の光と人工の光。
「光に包まれる」という始めての体験をした自分は、本当に感動した後必ずそう思うように、「表現するって素晴らしい」と改めてしみじみと思いました。
[PR]
by getride_summer | 2007-11-07 15:31 |

かぼちゃ

f0095132_12302933.jpg

レンタサイクルを借りて足早に直島巡り開始。
これですよこれ。
海と空の青の中で、くっきりと浮かび上がる草間さんの「かぼちゃ」。
はあ。
ため息ひとつ。
すげ〜な〜
[PR]
by getride_summer | 2007-11-07 13:30 |

直島へ

f0095132_12294016.jpg

ずーっと憧れていた、「アートの島」直島へ。

岡山から乗り継いでフェリーで島へ。
思ってたより全然近い。
[PR]
by getride_summer | 2007-11-07 10:29 |

レズィースプラン

f0095132_12492499.jpg

f0095132_12492424.jpg

f0095132_12492443.jpg

レディースプランで行ったら、吹っ飛ばす(じゃなかった)フットバスとスチームがお出迎え。きゃ〜嬉しい〜♪ゴーゴー音を立てながら、じっくり楽しみました。
[PR]
by getride_summer | 2007-11-06 23:49 |

岡山カフェ

f0095132_12422369.jpg

f0095132_12422325.jpg

宿に戻って、夕食はホテル近くのかわいいカフェで。
本当は繁華街まで歩きたかったのですが、意外に遠いので断念。
ここのカフェ、お兄さんが1人でやってるのですが、顔が可愛い!
おっとりしてるので、他のお客さんが入ってきたら、1人バタバタ。
でも、お兄さんの人柄を表すような、ほっこりした美味しい自然食でした。
ゆず風味の揚げお肉
黒ごまの豆乳プリン
具たくさんのお味噌汁
[PR]
by getride_summer | 2007-11-06 20:42 |