音楽と海と空と夏と赤ワインと塩辛が大好き。夢は沖縄移住。


by getride_summer
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

って…(笑)

f0095132_19564164.jpg


ガラス専門店に行こうと、昨日も寄った大浦天主堂近くへ。が、お店はお休みでした。ありゃ〜。ごめんねママさん。せっかくなので再度大浦天主堂へ行く。でも、修学旅行生がわんさか居て、記念撮影大会が繰り広げられ雰囲気台無し(泣)。しかも「中これだけ〜?つまんな〜い」と来たもんだ。きっと、帰っても行った場所なんて記憶に残らないんだろうな…。昨日ゆっくり見学できて、心底「よかった」と思いました。
[PR]
# by getride_summer | 2007-12-04 15:56 |

崇福寺

f0095132_19471256.jpg

f0095132_19471384.jpg


商店街をのんびり歩いて眼鏡橋(日本最初のアーチ型の石橋。重要文化財)を通って、崇福寺へ。国宝の中国吉祥文様が描かれた第一峰門が立派でした。重要文化財の護本堂には観音様も居ます。

商店街で骨董品などを扱うお店に入ったら、中でおばちゃんにつかまり、色々商品をオススメされる。てっきりお店の人かと思ったら常連のお客さんで、悪い人ではなかったので薦められたポストカード集を買ったのですが、ママさんは逃げる。押しが強すぎるのはニガテらしい。お互い我が強いと拒否反応がでるのかも(笑)。
[PR]
# by getride_summer | 2007-12-04 14:47 |

ランチ

f0095132_19435094.jpg

f0095132_19435129.jpg

f0095132_19435199.jpg

f0095132_19435137.jpg


そこから少し歩いたところにある、『料亭 一力』にてランチ。
予約して行ったのですが、このお部屋は他にお客さんもいず、貸し切り状態!やった〜

ガイドより↓
文化10年(西暦1813年)長崎に通称を求め黒船が来航した頃、 大村藩士山本保助は長崎で唐の毛皮商・陳健の屋敷を買い取り、 料亭「一力」を開業。当時、長崎は近代日本のさきがけで全国から多くの維新の志士達が集い、 新しい日本のあり方について議論を交わした。 そこには維新への立役者として著名な高杉晋作や伊藤博文 また日本最初のカンパニーとされる亀山社中を創った坂本竜馬がいた。

だそうです。このあたり、もう少し歩くと丸山には『花月』というガイド本には必ず載っている大きな料亭もあって、そちらでは龍馬がつけたという!刀傷があったりもして、見たいな〜とも思ったけど、こちらはやたら高い値段のお料理しかなくて、どうせ観光客の団体もいてうるさいかなと『一力』さんにしたのですが、正解だったかも。とても静かで、窓の外には小さな中庭がひっそりとあって、とても落ち着くお店でした。限定の姫重しっぽく。3段弁当になっていて、すご〜く美味しかったです!龍馬も居た場所かと思うと、歴史を感じるランチでした。
[PR]
# by getride_summer | 2007-12-04 13:00 |

興福寺

f0095132_19412949.jpg


ホテルに一度戻ってママさんの様子を見ると、「お腹すいた〜」と元気になったよう。
コースをハードなものからのんびりコースに移して、出発することに。

まずは法相宗の大本山として知られる興福寺へ。日本最古の黄檗禅宗の唐寺だそうです。胡麻豆腐など精進料理の原型がもたらされた場所でもあるそうですよ。本堂が立派でした。
[PR]
# by getride_summer | 2007-12-04 12:41 |

散歩続き

裏道を通って駅に戻って行くと今度は教会が見えて来たので寄ってみる。カトリック中町教会へ。併設の幼稚園児がお散歩の時間で、「こんにちわ〜」と挨拶される。
中に入っていいのかわからず聞きに行き、中に入ると信者らしき方が掃除中。静かに拝見させて頂く。「どこから来たの?」と声をかけられ、帰りに少し話す。天井が高くとても広い内観に、たくさんのステンドグラスからたくさんの日の光が入って来ました。
[PR]
# by getride_summer | 2007-12-04 11:43 |

散歩続き

裏道を通って駅に戻って行くと今度は教会が見えて来たので寄ってみる。
カトリック中町教会へ。
[PR]
# by getride_summer | 2007-12-04 11:30 |

福済寺

f0095132_19392486.jpg


地図も見ずに歩いていたら、建物の間に大きな観音様が見えて、行ってみる。
帰って調べたら長崎四福寺といわれるお寺でした。寛永5年に媽祖聖母(航海の神様。だから下は亀)を祀ったのが起源とされていたそうで、戦後立て直されたそうで、綺麗なお姿でした。
この慈母観音さまは高さ34m、重さ35tもあるそうです。大きい分、遠くまで見渡して今も祈りを捧げ守ってくれているようでした。
[PR]
# by getride_summer | 2007-12-04 09:39 |

朝の散歩

私の旅の朝は早い。
前の日どんな遅くても、スッキリシャッキリ起きます!
何だか時間がもったいない気がして、色んなものを見たくてワクワクして、じっとしていられないんですよ。なので、この日も6:30には起床。
ママさんは私のガイドがないとどこにも行けないので、今日も朝からここにも行こうあそこにも行こうと考えていたのに、ママさんなかなか起きてこない。どうやら、おとといはあまりの旅への期待に一睡もしていなかったらしく、昨日も飛行機でもバスでも寝ずに歩きまわっていたので、ぐったりで動けないらしい。「ママ1日寝てるから、1人で行って来て〜」と弱気なので、とりあえず午前中は安静にするようホテルに残し、私は駅周辺を散歩に出かける。

まずは西坂公園にある日本二十六聖人殉教地、記念館へ。
キリシタン教禁令によって布教活動をしていた宣教師達が処刑されてしまった、悲しい場所です。その丘で2匹の猫が遊んでいて、印象的だった。時間がなくて行けなかったけど、やはり浦上の方にも行けばよかった、と思う。
[PR]
# by getride_summer | 2007-12-04 09:30 |

宿へ

f0095132_1937575.jpg


長崎駅直結のホテルへ到着。
でっかいツリーが綺麗な駅周辺、びっくりする位、誰もいません。
[PR]
# by getride_summer | 2007-12-03 22:37 |

1000万ドルの夜景

f0095132_1936918.jpg

f0095132_19501035.jpg


長崎一夜景が綺麗だという稲佐山頂上へ。日本三大夜景でもあるそう。函館山は行ったことがあるから、あとと摩耶山(兵庫県)だなあ、なんて思う。
標高333M、東京タワーと同じだそうだけど、地形がわかり、山が多く立体感のある景色は、めっちゃ綺麗でした!!大きなビルもないし、家の明かりも小さく見えて。
展望台には「ひかりのレストラン」もあって、絵みたいな夜景を見ながら食事もできます。
チャンポンを食べてみたら、こういうところだから味は今イチかな?と思ったら、凄く美味しくてボリュームもたっぷりで大満足でした。

ちなみに稲佐山でリンク貼ったこの方、何者!?って感じの凄い夜景を見せてくれます!私のカメラじゃ全然ダメだったので、ここを見て稲佐山へ思いを馳せてます。
[PR]
# by getride_summer | 2007-12-03 20:36 |